アーティチョークがとにかく安い | イタリアカルチョーフィを徹底比較し厳選 2017年度 バイオレット

秋蒔きの苗は将来が彷彿できるくらいの大きさに、春蒔きのものもしっかりとした本葉が出ているので成長が楽しみです。ロマネスコ種も一緒に購入しました。一度に蒔かずに植え時を変えて蒔けばいいかもしれません。

コチラです!

2017年04月01日 ランキング上位商品↑

イタリア アーティチョーク カルチョーフィ バイオレット【イタリアの野菜の種】 アーティチョークカルチョーフィ)・バイオレット 0411

詳しくはこちら b y 楽 天

頑張って育てます。発芽して畑に移せた後も、途中でダメになってしまったりして、かなり頑張ったのに結局1株しか生き残っていません。現在、秋まきリベンジ中です。ふたばの頃にナメクジにやられたものがいくつか出ましたが!ある程度迄成長すると少々ではへこたれないくらい強いです。。広い畑が空いているので!2種類アーティチョーク!味の違い!花の違いが楽しみです。枯れたり、虫にやられても大丈夫なくらい種はたくさん入っていました。ちょっと苦味がある!ユリ根にも似た舌触りで!伊!仏料理には欠かせない野菜だそうです。ただし、葉っぱ2〜3枚の苗でも相当用心して移植しても枯れることもあるくらい移動を嫌うので植え付けには注意が必要かと思います。でも、きちんと育つとかなり大きくなるんですね。発芽率はすばらしくほぼ全部と言っていいほど芽が出ました。その一つも何とか夏を越せたという感じです。春に播いたときには天候が不順だったこともあってか!なかなか発芽しなかったです。写真は唯一頑張っているアーティチョークの初夏の写真です。正確には『バイオレット・ディ・ロマーニャ種』みたいです。春の物はうっかり畑の真ん中に植えてしまったけど!今度!しっかり発芽したら!広くて邪魔にならない場所を選んで定植しようと思います。